ページ

2011年10月28日金曜日

静寂からうまれる豊かさ

新月だった昨日は仲間3人と瞑想やヒーリングし合いっこしました。








心はとても穏やかで、エゴではない自分の「願い」を強く思う時間でもありました。








それはまるで時間が止まっているかのような、静寂と心地よいエネルギーに


包まれ、しばらく何も喋りたくない、何も考えたくない状態になりました。








なので終わってからの帰り道は、縄文トランスというちょっと変わった音楽を


聴きながら頭を覚醒?させて音楽に浸って帰宅しました











そして夜ご飯、身体が喜ぶものしか摂りたくない気持ちになったので


つるむらさき、ほうれん草、などお野菜のみの食事を、ゆっくりゆっくり


噛んで食べ、久しぶりに玄米から出るお米の「甘さ」も感じながら、


��Vも音楽もつけずに食事に集中していました。








食材1つ1つに感謝心が内側から出る素敵な食事の時間でしたХ?











ゆっくりと半身欲をし、寝る前にまた少し瞑想をして


��日に感謝をし、就寝しました。











静寂からたくさんのものが生まれた1日でした。








心も頭もスッキリしていると多くの良いものが吸収できる感覚・・・


なんだか久しぶりに感じた気がする。











急いでご飯を食べたり、TV見ながらご飯食べたり、


ちゃちゃっとお風呂入ったり・・・











急いでいる時よりも、ゆったりしている時の方が(頭が)


感じたり、吸収したり、発想力だったり・・・は豊かになります。











日々の生活に流され、忘れていた感覚が取り戻された


すてきな1日になりました。











頭も心もスッキリさせて、実りある時間の使い方に心がけていきたいと思いました。
















2011年10月24日月曜日

10月のゼニス練習会が行われました

土曜日に10月度のゼニスオメガ生徒さんによる練習会が行われました。








今月は久しぶりにお会いできた生徒さんもいらっしゃり


私自身も嬉しかったです?????








毎回、勉強会を行う度に新しい気付きを得たり


新たな知識も得たりして、私も生徒の皆様と同じように


貴重な時間として楽しませて頂いています??








そして毎回勉強会に参加されている方に対して今回感じた事は


ゼニスシートの項目選びのスピードが速くなっていること。








もちろん、早ければ良い。という事ではないのですが


頭にどんな項目がどこにあるか。が少しずつインプット


され始めているような気がしました?











日々勉強。





全ての人が自分を成長させてくれる人。








人は人の中で磨かれるものなので、私も常にその気持ちを大切に


そして一人一人の個性を大切にして、クライアントさんや生徒さん、


家族や友人とも真心の輪を繋いでいきたいと思います?











��*****








��1月の勉強会の日程は決まり次第


ホームページにUPさせますのでお待ちください。










2011年10月22日土曜日

ゼニスオメガ練習会(明日)

これから毎月1回行う予定のゼニスオメガヒーリングの練習会


明日も数名の生徒さんを迎え練習会を行います?








カウンセリングの行い方、クライアントさんの悩みや要望に応じた


ヒーリングシートの選び方などを各自、気付きを得ながら行っていきます。








��3:30〜17:30までです。











ゼニスオメガのヒーリングの素晴らしい部分をシェアしていける


時間にもしていきたいと思っています。








明日参加の皆様、宜しくお願いします?????







2011年10月18日火曜日

地球に虹がかかる

今日はとっても素敵な夢を見て目が覚めた。








地球に虹がグルりと一周かかっていて、それは地球にいる


私達から何故か見えている。





太陽光の反射か何かで見えている仕組みらしい。











そんな幻想的なものを、地球に住む多くの人たちが見て


感動し、心が洗われ、地球を想う気持ちが一層強くなり


みんなの意識が上がっていき、地球が楽園へと変わっていく。








夢の中ではその後私は、急いでアメリカへ行かなきゃ!!と言って


荷造りして空港に行っているところで終わった・・・。








何だったんだろう(笑)











でも、地球に虹が一周している映像は今でも頭に焼き付いていて


思い出すだけで心が温かくなる。








虹は新たな次元への架け橋だとも言われてるから、


きっと、今地球は大きく変わっているんだね。





新たなる時代に向けて。



















2011年10月13日木曜日

今日は満月&酵素の話題

今日の満月は1年の中で最も地球から遠くに位置する満月らしいです。





遠い未来のお願い事が叶いやすいのだとか・・・。














さて、最近世間でも話題の「酵素」





この酵素ですが、ご存知の通り体の消化・吸収・代謝・排泄・・・


どれにも関与していて、生命維持には切っても切り離せない重要なもの。








酵素の種類は体内に何百種類と存在しているそうですが


その中の多くの酵素はハンドヒーリングによって活性されるという


研究データはジャスタ・スミス博士により


既に報告されているようです?





「酵素が活性化されることによりヒーリングで健康状態の回復が


みられる」との結論をされたスミス博士。








確かに、理にかなっていますよね。








ただし、他にもヒーリングによる様々な研究結果はでているのも


関わらず世には浸透しにくいのが現状。








ちょっと残念ですが、この数年できっと人々の意識は


もっと変わっていくと信じているので、未来に期待を


膨らませていたいと思います??




























2011年10月8日土曜日

情報化社会

ある記事にすごく共感できる素晴らしい事が書いてありました。








��米国のある調査によると、一人当たりの情報摂取量は50年前の3倍。


 情報デジタル化のゆえだが、その結果現れたのは「ありあまるほどの答えを


 持ちながら、優れた問いのほとんど出されない社会」との指摘がある。





��古典「荘子」に「機心」という言葉がある。


 「機械にとらわれる心」という意味。


 井戸水を手作業で汲む老人に‘‘機会を使えば’’と勧めると


 老人はこう答えた。 ‘‘機械を持てば機械による仕事がでてくる


 機械による仕事ができれば機械に捉われる心が生じる。純白の度が


 薄くなり、精神が定まらない’’








現代では情報を「どう得るか」よりも「どう選び抜くか」が重要。


便利な情報の道具から離れ、人生にとって何が本質的に大事かを


「自身に問う」、つまり「考える」作業がより必要となる。








「知識」を使いこなすための「知恵」


それを得るのは祈り、語り、学びの実践の中にある。








��**








という記事でした。





先日、知人の社長さんがおっしゃっていました。


「最近の若い子は、自ら知恵を絞り考え自ら行動しようとしない。


 分からなければ、すぐ上司に聞き、すぐ携帯のwebで調べたりする。


 自分でアイデアを出す、とか一生懸命考える、という事が薄れてきている。」





まさしくこの情報化社会が招いた現象ではないかと思います。











私達は情報をたくさん身につける前に、自分に必要な情報だけを


感知し、それを引き寄せられるようなアンテナを身につけなければ


いけないと思う。





それがあっての情報化社会であれば、どんなに素晴らしい世の中か。








頭でっかちになって、心の感覚が小さくなってしまっては


良い人間は育たない。


機械のような人間が増えるようではいけない。








機械で作られたお菓子やお弁当・・・


マッサージも機械・・・


人ではなく機械と向かい合う仕事の数々・・・








機械が悪いわけではないけれど、人間の心を感じる機会が


減ってきてしまったのは、心の病気が増えた原因の1つでも


あると私は思う。








昨日もWHOで4人に1人が精神疾患になった事がある。と発表。


人は皆幸せにあるために生まれてきた。


機械も本当は幸せな世の中を作るためのものでなければいけないはず。











ハイテクとローテクをうまく融合させ


人間らしさ、心を失わない社会になっていかなくちゃ!!!





と思います?






















2011年10月6日木曜日

楽しい秋

食欲の秋





運動の秋





読書の秋








皆さんはどんな秋をお過ごしですか???











私は最近勉強がはかどって仕方ありませんΡ?





いいことだっa











必要な参考書を読んだり、親族など身近な方へヒーリングをし


臨床経験を積んだりと・・・。








なんかそんな日々が楽しくて仕方ない???











昨日は父親の目の飛蚊症(ひぶんしょう)のエナジートリートメントをしてみました。





すると父は、「すごく薄くなって今は探さないと分からないほどだ!」


と驚いてくれていました。





なるほど、まず第一段階で薄くなるのかぁ。


今のヒーリング時間は7分くらいだったな。などと。。。








もちろん人によって効果のでかたも違うし、かかる時間も違うのだけど


いろんな症状の方を試し、その際に私の手の感覚にどんなエネルギーを


感じるのかなど、とにかくたくさんのエネルギーの感じをつかみとって


いくのです。





そうする中で、あるパターンも見えてくるから。











そんなこんなで、自分の感じ取っているエネルギーとはまさしく


よく言われる‘‘オーラ’’というものだというのも確信に変わってきました。


��第一層目のオーラです)











やはり私達人間が生きているのは目に見える肉体だけではなく


目に見えないエネルギー体、そして魂が合い重なって生きていて


そして、その見えない部分こそが本当に大切な部分なのだと感じます?














勉強が楽しい秋。





ご飯も美味しい秋。











私はそんな楽しい秋を過ごしていますХХ














冷え込んできましたが、風邪などひかないよう


お体には気をつけてくださいね?































2011年10月3日月曜日

お水の大切さ

ふと、こんな記事を見つけました。








水を飲む健康法   マーク・ウィンター








 単に水を飲むことが、あなたの健康に驚くべき違いをもたらすかもしれません。


 1979年、革命時のイランで、ある医師が「中産階級に属する」罪でテヘランの監獄に収容されていました。ある日、彼は胃潰瘍で死の瀬戸際にあった囚人を診察するよう頼まれました。





 医師は薬をぜんぜん持っていませんでした。薬はすべて没収されてしまったのです。彼が患者にあげられるものといったら、コップ2杯の水だけでした。驚いたことに、その患者は回復し、バトマンゲリジ医師は「水を飲む健康法」の世界的権威になりました。





 ドクターBという愛称で知られる彼は「医師によって診断される症状の多くは脱水が原因だ」と信じています。「あなたは病気なのではない。喉が渇いているのだ」……それが彼のメッセージです。





 同医師によると、アレルギー、喘息、関節炎、痴ほう症、糖尿病、頭痛、高血圧、潰瘍といった症状は、水の摂取量を増やすことで改善したそうです。





 バトマンゲリジ医師談:「紅茶、コーヒー、アルコール、清涼飲料は水の代わりになりません。これらの飲料はすべて脱水剤を含んでいます。水は健康になくてはならないものであり、感染を防ぐ働きがあります。体のすべての機能は水の効率的な流れによって管理されています」





 自然はこの説に同意しているようです。私たちの体は75%が水です。そして私たちの脳は85%の水を含んでいます。














 ・一日あたり、少なくとも大きなグラスで6杯の水を飲みましょう。


 ・他の飲料は含まれません。


 ・喉の渇きは絶対に放置しないでください。





オススメ図書


★病気を治す飲水法―万病を予防し治す水の力を総解説!














��*************








なかなか面白い記事ですよね。


私達の生命維持に欠かせいお水。








受精卵の時に私達はほぼ100%水分で、子どもから大人になるにつれ


水分量は徐々に減り、死に至る時には30%だと言われています。











お水の研究者でもある江本勝先生がおっしゃるように、お水は記憶する


という特徴をもっています。





波動を一番に感知しやすい純粋なものなのだと思います。








ですから、お水を飲む時は「この水を飲むと私はどんどん健康になるー!!」


などと言って飲むと更に良いでしょうねー!!!

















��つぶやき・・・)


最近、水とか食とかの話題に出会うことが多いな。。。